読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

鴨川をどり@先斗町歌舞練場

本日は今回の旅のメインイベントの

ふたつ目、鴨川をどり観賞。

早めに阪急で河原町に着いたのに、

百貨店のアクセサリー売り場に

ひっかかってしまって。

開演15分前に歌舞練場に到着。

お茶券つきのチケットだったので、 

急いで四階へ。

お茶をたてている舞妓さんを 

ゆっくり眺める暇がなくなり、

大失敗。

そそくさとお饅頭をいただき、

さっさとお茶を飲む羽目に。

でもお茶美味しかったです。 

お饅頭のお皿は懐子に包んで

持ち帰れます。

 

開演五分前に着席。

すぐに開演となってしまいました。

第一部は

源平女人ものがたり

木曽義仲巴御前、側室山吹

平資盛、卿の君。

立ち回りがたくさんあって。

 

第二部は

八千代はなの先斗町

大政奉還150周年の演目。

舞妓さんの踊りから

会津の娘軍、

西郷吉之助と仲居お玉の恋

徳川慶喜大政奉還

という流れ。

 

なにしろはじめての経験。 

ドキドキしていましたが、

本当に楽しめました。

衣装の早変わりがすごい。

鬘?というかそれも含めて

変わるのです。

信じられません。

洋服じゃないのに。

あとは舞台の背景、

大道具の素晴らしさ。

こちらもお話の内容に合わせて

あっという間に変わります。

決して機械的に変わっているのでは

ないのに、

その見事さといったら。

一気に幕が切れるように下がるのを

目の前で見ました。

 

笛太鼓、囃子、そして唄。

こちらもはじめての生で聴きました。

全部丸ごと本当に感激。

 

もう綺麗で、素敵で、

それは夢のようなひとときで

あっという間に終わってしまいました。

 

最後は出演者全員で銀色に

藤の花の扇で、大迫力の踊り。

ほんの少し、手ぬぐいを

客席に投げるんですね。

うー、残念、私の手に触ったのに

つかめませんでした。

 

卿の君を演じた、もみ幸さん、

とってもお綺麗で、

もうこの世の方とは思えませんでした。

 

私は全く知識がないので、

こんなことを書くのはおこがましい

のですが、

一番の大御所的と言えるのかしら、

豆千代さん、すごかった。

 

舞妓さんの衣装もかんざしも、

帯も、本当に綺麗。

 

お土産に、キャッチできなかった

手ぬぐいと、うちわとパンフレットを

買ってるんるん気分。

 

はじめてのことで、

浮き足立ってしまいました。

支離滅裂の内容ですみません。

 

 

お豆腐狂言@大江能楽堂

今回の目玉のひとつ。

大江能楽堂狂言の公演を観る。

なにせはじめての経験。

事前に基礎的なことを

優しい解説書で勉強しました。

 

大江能楽堂はなにせ古い。

先の戦争で建物疎開の対象となり、

取り壊される運命でした。

住居部分?は取り壊され、

さて今日は舞台の取り壊し、

となったその時に終戦

大江能楽堂は命拾いしたのです。

 

お豆腐狂言茂山千五郎家

ファンクラブのための公演。

今回の演目は

棒縛と六地蔵、そして御田。

棒縛も六地蔵もそれは面白く、

たのしい演目でした。

狂言への親しみがグッと湧いてきました。

御田は早乙女を演じた面々が

イケメン勢揃い。

 

初めて公演を見て感じたことは、

一門総出で、総力をあげて公演に

取り組んでいるということです。

切符のもぎり、客席の案内など。

そして、演目の前の解説?

落語家さんみたいに上手い。

場内アナウンスをされたのは

茂山逸平さんだったかな。

ユーモアがあって、とっても良かったです。

全部丸ごと楽しめました。

 

そして物販の販売で、小さな男の子が

「いらっしゃいませ〜、

太郎冠者ストラップはいかがですかー」

と、大きな声で呼び込みをしていました。

私は初心者でどなたお子さんなのか

わからなく残念。

でも、流石狂言師のお子さん、

とっても通るハッキリしたお声でした。

その声に惹かれてストラップを

二つも買ってしまいました。

 

物販のお手伝いをしていた小学校

高学年くらい?のお嬢さん姉妹?

とても礼儀ただしくて。

演目が始まると、

高いところで舞台を熱心に

見ていました。

その姿勢の綺麗だったこと。

狂言の舞台と同じくらい、

お子様たちの姿が印象に

残りました。

世の中はゴールデンウィーク

普通なら子供達は親御さんと

遊びに行ってる時期です。

それなのに、ちゃんとお手伝いしている

姿に、おばちゃんの私はグッときて

しまいました。

 

京都に住んでいたら、

頻繁に狂言の舞台を観ることが

できるのにと、つくづく思いました。

茂山千五郎家の皆様が

なんとかして狂言を広めて、

たくさんのお客様に喜んでいただきたい

という強い思いが伝わってきました。

 

この歳になって、はじめての経験を

するというのは勇気のいるものです。

でも、とても新鮮な気持ちになれました。

それにしても公演でいただいた

たくさんのチラシ。

これから先こんなにたくさんの

公演をあちこちで行うのには

本当に驚きました。

海外公演もあるし。

 

狂言は明治以降、苦しい時代も

あったと知りました。

歌舞伎などに比べて、

一般には馴染みはないのかもしれません。

でも歌舞伎よりも親しみやすく、

そして庶民でも楽しめるものだと

感じました。

 

お豆腐狂言なら、初心者でも大丈夫。

皆さん、狂言て面白いですよ。

 

 

 

ヴァンクリーフ&アーペル展

どこに行っても激混みの京都。

特に東山界隈、祇園清水寺界隈は

もうすごい人。

そこでここならそんなに混んでいないと

あたりをつけたのは

京都国立近代美術館

ヴァンクリーフ&アーペル展。

 

まぁ、何時ぞやのどこぞやの展覧会の

ように入館するまで

何時間も並ぶことはありませんでしたが、

それなりに混んではいました。

女性多数。あとは若いカップル。

女性の年代はやや高め。

マダム多数。

 

ダイヤ、ルビー、サファイア、ゴールド、

などなど目も眩むよう。

でもそれ以上に印象的だったのは、

宝飾品を製作する職人さんたちの

技の素晴らしさ。

人間の手仕事、そして集中力。

どんな宝石も職人さんたちの技なくしては

美しく輝かないのです。

 

それにしてもあんな大きなダイヤやら

ルビーやら、見たことはありません。

やっぱり女性は宝石が大好きです。

そして宝石欲しいです。

 

京都滞在2日目

2日目は着物をレンタルしました。

ネットでいろいろと調べてみました。

やっぱり若い子相手の奇抜?な

着物レンタルや、

やす〜いポリエステルの着物レンタル。

そんなところばかり。

そんななかで「正絹きものレンタル」

との文字が。

着物は全て正絹。

お値段は激安。

あまりの値段の安さに心配しましたが

全くいらぬ心配でした。

 

なんでも呉服屋さんの若旦那さんが

はじめたレンタル業らしく。

このご時世、そんなに和服が

 バンバン売れるわけじゃなし。

呉服屋さんも大変なんだろうなぁと。

対応も丁寧で、親切でした。

なにより流石専門家。

いたれり尽せりでした。

 

着物は着ていても多少の苦しさは

あっても我慢できますが、

足袋と草履は辛い。

歩くのは大変だと思っていましたが。

今はこはぜの付いてない、

ストレッチ素材の靴下感覚の足袋が

あるんですねぇ。

驚きました。

草履も歩きやすいウレタンの草履を

すすめてくれました。

私など、葬儀の際の喪服と

黒留袖しか近年着たことがなく、

ウレタンの草履なんて知りませんでした。

この靴下足袋と、ウレタンの草履で

なんと歩くのが楽だこと。

着物の際のネックは歩くのがツライこと。

今は良い方法があるんですね。

良い勉強になりました。

 

しかし、ど素人が着物を着ると、

取って付けたような感は否めません。

なんだか場末の温泉旅館の女将さん

みたい。

いやそれよりも着慣れてなさ感丸出しの

観光客。

なんとも情けないものでした。

 

 

京都滞在1日目。

3日より京都に滞在しています。

初日は息子のマンションへ。

そこから嵐電山ノ内駅へ。

駅とは名ばかり。

道路の真ん中に乗り場があり

乗り方を知らないととっても危険。

電車が来て止まるまでは

歩道に待機なのです。

 

太秦広隆寺へと。

GWなので、多少観光客はいましたが、

他と比べたら少ない方。

宝霊殿はまさに仏像の宝庫。

見応え充分。

国宝第一号の弥勒菩薩をはじめ

国宝、重要文化財の仏像が数多く。

 

そして嵐電の駅名にもある蚕ノ社

こちらは人っ子一人いません。

ことあたりは秦氏ゆかりの土地。

この神社もそうです。

なにより珍しい三本鳥居。

なんでもパワースポットと

言われているそうです。

 

この辺りはあまり観光客も多くなくて

ゆったりしています。

嵐山へとわんさか観光客が

移動していました。

 

京都外語大そばのスタバで一休み。

京都外語大の生徒さん?

男子も女子も垢抜けてるというか、

とってもオシャレさん。

 

1日目はこんな感じ。

 

念願かなって

あれ?記事が真っ白。

仕切り直しで。

すみません。

 

GWは3日から7日まで京都旅。

結婚して30数年。

子育て介護等々。

旅行もせいぜい二泊。

一人で長く家を空けたことは

ありませんでした。

この歳にして、ようやく、

はじめてです。

 

今までの京都旅は

カジュアルというか薄汚い格好で

ウロウロ。

おしゃれをして観光しているマダムが

羨ましかったです。

今回は、着物をレンタルするし、

あとはワンピースで、狂言

鴨川踊りを観る予定。

念願かなってマダムの京都旅。

 

ドゥクラッセでお手頃価格で

ワンピースやあれこれ購入。

最近、参考になるブログを

二つばかり見つけて、

私の年齢のファッション、

着こなしを再度研究中。

 

着物を着る日は長男に

早めの母の日ということで、

1日鞄持ちさせます。

京都旅を満喫したいなぁ。

 

ドゥクラッセで納得

おばちゃん体型を自覚し、

旅先でのコーディネートを

考えました。

疲れない、シワにならない、軽い。

アクセサリー無しでも決まる。

などなどの条件を満たす服。

ありましたよ、ドゥクラッセに。

 

昨年から購入していたドゥクラッセ

でもどーしてもおばちゃんの

イメージがあって。

(自分もおばちゃんのくせにね)

でも最近ZARAH&Mユニクロ

やっぱり無理がある。

(中には少数着られるものもあるが)

もうほとほと困り果て。

そしてダーマプレミアムや

集英社のラヴィヴァンは

素敵だけどお値段も高く、

ちょっと普段使いにはもったいない。

そうなると程よい価格のドゥクラッセ

探すことに。

 

旅行カバンに入れても

シワにならない、軽い、かさばらない、

にうってつけのワンピースや

ロングカーディガン。

返品もできるし、思い切って注文してみました。

これがまさに大正解。

 

鴨川踊りには私にしては初?の

花柄ワンピースをチョイス。

なかなかイケるんです。

その他ロングカーディガンなど、

数点購入。

お値下げで半額近いものもあり

とってもお買い得でした。

 

ドゥクラッセの服は着ても

楽で疲れない、

なのに体型がうまくカバーできる。

もう無理しないで50代以上対象の

ブランドにすべきだと、

つくづく思いました。