京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

京都

茶道は謎だらけ

お茶人というのか、教養のない私は 呼び名さえよくわかりませんが、 「いつか住もう京都」のブログで お茶会の話を読むと 謎だらけです。 まずはお金。 すごくお金かかりそう。 お道具、掛け軸、お食事も出すし。 そもそもお茶室をお持ちということは 並みの…

京都高島屋アクセサリー専門館

ちょっと古い話ですが。 この前の京都旅行で立ち寄った 京都高島屋アクセサリー専門館。 高島屋本体とは独立して、 ほんの少し離れたところにあります。 無類のアクセサリー好きの私。 東京にあるブランドだけでなく、 地元京都のデザイナーさんの アクセサ…

武田サオリ「京都慕情」

ありました!! 武田サオリさんが歌う「京都慕情」 阿部海太郎さんのCDに収録されて いましまた。 阿部海太郎さんの「音楽手帖」という CDの中に収録されていました。 おまけに「京都人の密かな愉しみ」 の劇中曲も収録されていました。 その他NHK「日曜美術…

京都人の密かな愉しみ「桜散る」

終わってしまいました。 「京都人の密かな愉しみ」 若女将の三八子さんが幸せになって めでたい結末。 大原千鶴センセと松尾アナの 楽しい掛け合いも見納め。 ミニドラマの 「逢瀬の桜」 高岡早紀さんが役柄にぴったり。 「魔性の女」?とか言われていますが…

京都人の密かな愉しみ「桜散る」

いよいよ最終回。 あー終わっちゃうの。 終わっちゃうのね(号泣) 放送は13日21時から 番組予告はこちら https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/3653/2420470/index.html 私の唯一無二のドラマ。 DVDがでたら買います。 あー、終わっちゃうのね。 最後なの…

京都最終日その2

京都旅から帰って後片付けに追われ。 ようやく最終日その2の記事。 バスで四条通りを息子のマンションへ 行き帰りする時、 壬生寺道のバス停にある神社が 気になっていました。 この神社は「元祇園梛神社」 詳しくはこちらを http://www.kyotofukoh.jp/repor…

京都旅最終日

最後の一日は、息子の住まいの近場で。 西院春日神社は、ローカル? だけど由緒正しき。 天皇の皇女の疱瘡を 石?が身代わりとなり治した そうで。 白い石に、願い事をかいて 納めると願いがかなうそう。 他にも色々とあります。 そして、四条通りの坊城通り…

渉成園から開化堂カフェの出来事

鴨川をどり観賞を終えて、 京阪三条から、清水五条へ。 前回、時間が過ぎてしまい 御朱印をいただけなかった 市比賣神社へ。 御朱印をいただき徒歩で渉成園へ。 私は西本願寺ですが、 この東本願寺渉成園は 是非見てみたいと思っていました。 見所のしんせつ…

鴨川をどり@先斗町歌舞練場

本日は今回の旅のメインイベントの ふたつ目、鴨川をどり観賞。 早めに阪急で河原町に着いたのに、 百貨店のアクセサリー売り場に ひっかかってしまって。 開演15分前に歌舞練場に到着。 お茶券つきのチケットだったので、 急いで四階へ。 お茶をたてている…

お豆腐狂言@大江能楽堂

今回の目玉のひとつ。 大江能楽堂で狂言の公演を観る。 なにせはじめての経験。 事前に基礎的なことを 優しい解説書で勉強しました。 大江能楽堂はなにせ古い。 先の戦争で建物疎開の対象となり、 取り壊される運命でした。 住居部分?は取り壊され、 さて今…

ヴァンクリーフ&アーペル展

どこに行っても激混みの京都。 特に東山界隈、祇園、清水寺界隈は もうすごい人。 そこでここならそんなに混んでいないと あたりをつけたのは 京都国立近代美術館の ヴァンクリーフ&アーペル展。 まぁ、何時ぞやのどこぞやの展覧会の ように入館するまで 何…

京都滞在2日目

2日目は着物をレンタルしました。 ネットでいろいろと調べてみました。 やっぱり若い子相手の奇抜?な 着物レンタルや、 やす〜いポリエステルの着物レンタル。 そんなところばかり。 そんななかで「正絹きものレンタル」 との文字が。 着物は全て正絹。 お…

京都滞在1日目。

3日より京都に滞在しています。 初日は息子のマンションへ。 そこから嵐電山ノ内駅へ。 駅とは名ばかり。 道路の真ん中に乗り場があり 乗り方を知らないととっても危険。 電車が来て止まるまでは 歩道に待機なのです。 太秦広隆寺へと。 GWなので、多少観光…

念願かなって

あれ?記事が真っ白。 仕切り直しで。 すみません。 GWは3日から7日まで京都旅。 結婚して30数年。 子育て介護等々。 旅行もせいぜい二泊。 一人で長く家を空けたことは ありませんでした。 この歳にして、ようやく、 はじめてです。 今までの京都旅は カジ…

山村紅葉に変身だ〜

GWの京都旅行。 1日だけ息子と一緒に行動します。 つまりカバン持ちをしてもらう。 なので思い切って着物をレンタル しました。 今、京都へ行くと若い女の子達が 着物を着てグループで歩いています。 でも、寒い時期にまるで浴衣? のようなぺらっぺらの着…

別世界のすごさ

この世界を知ると、 成り上がりのお金持ちも、 タワーマンション住まいの セレブな皆さんも、 なんてことない。 俗世界で品がなく、 あれが欲しい、これ買いたいなど 日夜考えている 庶民の私などは問題外だ。 京都に憧れる私が欠かさず 読んでいるブログが…

炊飯器でお騒がせ

昨日の炊飯器購入記事の続きで ございます。 なんと注文をキャンセルしました。 電器屋さんから、「在庫がなくて 一週間かかります」との連絡が。 色違いも無いようで。 家電量販店との価格差に ガッカリきていた私は此れ幸いに、 「怪しかった炊飯器が、急…

狂言の基本の基本を学ぶ

GWに大江能楽堂で、人生初の 狂言の公演を観る私。 なにも勉強しないで観に行く訳には まいりません。 ハテ、どうしようか? そこで、かなり前に発売された本 ですが、 「茂山宗彦・逸平と狂言へ行こう」 を購入。 そしてひと通り読み終わりました。 とても…

憧れの京都暮らし

いつか京都、もしくはその近隣に 住んでみたいなぁ。 そう思っている私が 楽しみに読んでいるブログが あります。 「いつか・住もう・京都」 http://cherubinpriel.blog.fc2.com 書き手のしぇるさんは、もうすでに 京都へ転居されています。 しかも茶道に打…

お豆腐狂言と鴨川をどり

今日はGWの京都旅行の手配など、 もろもろやりました。 息子の部屋に泊まるのですが、 布団が無い。 今はちゃんとレンタル布団が あるのですね。 いろいろ調べて予約して、 代金もさっさと振り込みました。 京都でどのように過ごすか あれこれ思案しました。…

旅を終えて

今回の旅。 海外旅行でもあるまいに、 人様から見れば 慎ましやかというかショボい旅。 でも、私の好み全開の旅でした。 ほぼ予定通りに回ることができました。 弘法市でアンティークアクセサリーを 買えたし。 たくさんの仏像を鑑賞しました。 近江神宮に行…

旅の思い出 その11

帰りの新幹線まで、少しだけ時間が あります。 清水五条駅で降りました。 時刻は17時近く。 もう拝観時間は過ぎています。 そこでお詣りだけでもと、 市比賣神社へ向かいました。 清水五条駅から徒歩5分ほど。 この神社は、「京都人の密かかな愉しみ」 のミ…

旅の思い出 その10

黄檗駅から京都市内へ戻るには 中書島駅で乗り換えです。 中書島駅が近づくと主人が 「あれ、八幡市駅がすぐで、 男山ケーブルカーで行けるよ 石清水八幡宮へ」 なんですって!! 昨年主人と次男が石清水八幡宮へ 立ち寄るというので 私は御朱印を頼みました…

旅の思い出 その9

黄檗駅。 この駅名を「おうばく」と読めるように なるまで数年かかりました。 本日のハイライトはこの京阪の黄檗駅 近くにある黄檗宗大本山萬福寺。 中国風のお寺です。 エキゾチックな雰囲気。 やはり禅宗のお寺はこころが洗われます。 広い、静粛。 訪れる…

旅の思い出 その8

旅も最終日となりました。 この日は宇治へ。 なぜなら一緒に旅した主人が 平等院を見たことがないので。 私は三年前?平成の修理の時に 訪れたので、鳳凰堂を見ていません。 京都駅から奈良線で。 宇治ではお茶を買う予定。 しかし駅からの商店街、 ずいぶん…

旅の思い出 その2

今日は二本立て。 旅の思い出その2。 東寺〜羅城門跡〜矢取り地蔵寺 東寺は説明するまでもなく 皆さまご存知のはず。 今回はちょうど五重塔の内部 特別公開をやっていました。 五重塔内部の見学は貴重な体験。 しかし、私の本当のお目当は 「矢取り地蔵寺」 …

旅の思い出 その1

21日から2泊3日で、京都、滋賀、 を旅してきました。 慎ましやかな旅です。 心に残ったことを少しだけ書いていきます。 21日は京都に着いたのは13時過ぎ。 八条口のホテルに荷物を預け、 時間短縮と体力温存のため タクシーで東寺へ向かいました。 人生初の…

妄想、京都物件探し

来週の京都旅行、 それはそれは寒そうです。 おまけに雨も降るかもしれません。 トホホ・・・ ちゃんと防寒して、雨でも大丈夫な靴で 行かなくては。 いつか京都に暮らしたい。 それは夢のまた夢。 twitterで、京都のゲストハウスさんが この物件良いなぁと…

新TV見仏記のファン

私の住んでいるところでは 毎週BS12で「新TV見仏記」 が放送されています。 再放送が多いのが玉にきず。 みうらじゅん、いといせいこうの ゴールデンコンビ? 特にみうらじゅん氏のコメントが 抱腹絶倒。 笑える笑える。 私、お腹を抱えて笑っています。 い…

京都人の密かな愉しみ 名月篇

昨晩の「京都人の密かな愉しみ 名月篇」 しっかりと観ました。 今回、ヒースロー先生が良かったですね。 往年の?二枚目モデル 団時朗さん。 朝ドラでも、闇市の元締め役が 印象的ですが、 このドラマではちょっとコミカル、 なんて芸達者。 そして、存在感…