読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

美味しいものはたまに、ほんの少し

今日の虎屋の話題で思い出した。
今年の7月に、念願の老松さんの
夏柑糖を食べたこと。
噂には聞いていたが。
たまたま7月に上七軒老松さんへ
行くことができ、幸運にも購入できた。
今年は夏柑が不作でもう終わりという
タイミングだった。
和歌山県で採れる、夏密柑という原種に近く
貴重な果物が原料だ。
収穫量も少ない。
グレープフルーツでは、あの味は出ない
らしい。

大切に持ち帰り、家族で食べた。
一個で家族三人十分な量。
本当に美味しいというのは、このこと。
私の人生で一二を争う美味しさだった。

今は、コンビニに行けば、
いつでも、どこでもそこそこのスイーツが
買える。
日本全国一律に。

老松さんの夏柑糖は
季節だけの本物の味。
それは、心を満たし、記憶にも残る。
本当の美味しいものとは、
こういうものだ。
本当の美味しいものは、たまに、
そしてほんの少し。