読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

格闘がはじまる

遺産相続開始となり、
いよいよ手続きに格闘することに
なっております。

とりあえず、父の準確定申告を年内には
済ませなくてはなりません。
準確定申告とは、今年の1月1日から
死亡した日までの確定申告を
亡くなった日から4ヶ月以内に
することです。

確定申告に必要な資料の数々、
生命保険会社から送られてくる
確定申告の控除用のハガキとか、
医療費控除の対象となる
レシートとか。
いろんなものが必要になります。
それに公的機関から必要な書類もたくさん
取らなくてはなりません。
うぅ、頭痛い。
謄本と抄本の違いもわかりません。

過去に亡くなった義父の時の
準確定申告の資料や相続の時に
取り寄せた戸籍など見返しております。
一人一人に戸籍があっても、
しげしげ眺める機会はそう多くないと
思いますが。

とにかく大変。
それに、そういう関連資料を
キチンと整理して保管しておかないと
にっちもさっちもいかないと
痛感しています。
亡くなった父は、とにかく几帳面。
キチンと整理整頓管理は完璧。
なんとかなりそうですが。
日頃からちゃんとしなくては。
ズボラでは通用しません。

*うちはごく普通の庶民です。
    この相続はごく一般的なもの。
     誰でも経験するものです。
    ↑
注意書きをよく読んでご理解
下さい。