読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

清原容疑者に思う

噂は本当だった。
連日の大騒ぎになっている
清原容疑者の逮捕と覚せい剤使用。

彼はプロ野球を引退してから、
ずっと鎧をまとっていたのだろう。
人間、鎧をまとうことも時には必要だが、
鎧は付けたままでは身がもたない。
鎧を外すことも必要だ。
プロ野球を引退して、ステージを降りて
進む道に悩み、迷い、
一線を退いた自分を認められなかった
のではないだろうか。

刺青、番長キャラ。
すべて、自分の弱さや
自分で自分を認められないことを
隠すために、行ってきたのだろう。
鎧をまとったままでいた。
そんな有名人の清原容疑者に
悪い心を持った人間たちが
その弱さを見透かして近づいてきた。
悪人達は、彼を食い物にした。

清原容疑者が強がってみせたのは、
私が有名なブロガーさんの持ち物を
真似して買うのと同じだ。
そんなことを思った。
物を持つことが鎧になる。
鎧をまとっても中身はなんにも変わらない。

本当の自分を認めるのは
なんと難しいことか。