読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

恐ろしき

今日は特別な日ですが、
その話題ではなくてすみません。

女子高生が地下鉄線路横断、
Twitterに動画投稿炎上。

女子高生の行為は言語道断。
問題はネットの怖さ。
動画投稿はたちまち拡散、炎上。
学校も投稿者もすぐに知れ渡り、
危険行為をした女子高生の
顔もそのままに動画は拡散され続ける。
その本人の名前も白日の下に晒される。

行なった行為は消せるものではありません。
しかし反省し謝罪することはできます。
でも一度ネットに載ってしまった名前、
動画はずっと消えることがなく
永遠に本人達についてまわります。

私が若い時にはネットはなく
こんな事態は考えたことは
ありませんでした。
でも今は違います。
ネットは素晴らしいものである反面、
恐ろしいものであります。

私も公開でブログを書いていますが、
そこには自己責任を負っています。
何気なく、軽い気持ちで気軽に書ける
ブログ。
Twitterならもっと気軽。
手の上で小さな携帯で書くブログ。
本当に身近な範囲にしか
広がらないような錯覚に陥ります。
書いた文章が限りなく広い世界に
拡散されている意識が無い。
ここは盲点。
そして発信したものは、
簡単には取り消せないのです。

小さい子も携帯を持ち、
ネット社会と関わる現代。
親もそして社会も
ネットに関してきちんと子供達に
教育しなくてはいけません。

それにしても、やって良いことと悪いこと。
世間に迷惑をかけること。
命の危険さえあること。
高校生になっても分別がつかないのは、
しつけの問題か教育の問題か。

日本は豊かで平和で幸せな国。
こんな恵まれた国はないのです。
そのことをあの女子高生達は
わかっているのでしょうか?