読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

「京都人の密かな愉しみ 冬」 感想その3

京都
「京都人の密かな愉しみ 冬」の感想も
3回目。

謎の外国人女性は大学の先生
ヒースローの許嫁という
驚きの展開。
シャーロットケイトフォックスが
京都嫌いのエミリーという許嫁の
役を見事に演じていました。

私の息子は関東に育ち、東北の大学を出て
京都の会社に勤めております。
息子は「母さんが京都に暮らすのは無理、
関東の田舎者にはムリムリ」
と常々申しております。
本人も京都の独特の言い回し、
京都人の言葉と腹の中の違いを
身をもって感じ、慣れてうまく対応
できるまで数年かかったようです。

上司は生粋の京都人。
簡単にわかりやすくいうと
「えらい賑やかやなぁ〜」←正しくない
京言葉かも、すみません。
との発言は
つまり「うるさい、静かにしたらどうだ」
という意味。
こういうニュアンスを汲み取りながら、
上司と会話し仕事をするそうです。
同僚は京都以外の出身者が多いので
助かる〜とのこと。
ご苦労さんです。

エミリーが京言葉の紙を張り出し
ひとつひとつ、その裏の意味を
確かめながら、はがしていくシーンを
見て、やっぱり大変なのよねー
と思ってしまいました。

どの都道府県にも県民性がありますし、
京都の人が特別に意地悪なのでは
ありません。
親しき中にも礼儀あり。
土足で家に上がりこまない。
こういう気持ちで接していけば
良いのでは。

それにしてもやっぱり大変なのね。
京都人と接するの。