読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

いつか終わる、必ず終わる。

「北欧暮らしの道具店」の週末エッセイ。
本日の大平一枝さんのエッセイに
思わず涙ホロリと。
「仕事や子育てに追われる今日の連続にも、きっと終わりは来る」
というタイトルです。

まさしく今の私の心境。
必死の子育て、不満ばかりで涙した介護。
いつ終わるんだろうか、
いつまで続くのか、
永遠に終わらないのかも。
その当時はいつもそう思っていました。
でも終わっちゃったんです。
子育ても介護も。

子供の入園式。
子供の受験でドキドキしたり、
合格発表で嬉しかったり。
その頃が一番輝いていたような
そんな気がしています。

前だけを見て必死だっだ頃、
その頃がいちばん幸せだった。
当時は忙しく、夢中だったのに。
人生は儚い。 
輝いていた時間は一瞬だったのです。

もし、子育てや介護の真っただ中で、
苦しくても、果てしなく思えても、
それは必ず終わるのです。
桜が満開。
でもそれも一時の事。
そして散ってゆく。
終わりはやがてやってくる。