読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

人生の残り年数を考える

ライフスタイル
メンテナンスをしながら、
残りの人生を共にする腕時計のことを
考えると、
自分の人生の残りの年数を考える。
正直、今まであと何年生きられるかとか、
元気に暮らせるのは何年かとか、
考えたことがありませんでした。

最高85歳までと考えると、あと30年弱。
健康で暮らせて、外出できるのは80歳まで
と考えると25年。
でも亡き父は88歳まで元気でしたし。
先のことはわからない。

その期間をメンテナンスしながら
ロレックスを大切に使う。 
もしくは10年ごと、エコドライブや
オシャレな時計を
そこそこの価格のものを
数個買う。
もしかすると7〜8年で新しく
したくなるかもしれない。
太陽電池なら確実に寿命だし
だいたい、このくらいで部品もなくなる
かもしれないし。

SEIKOでもエクセリーヌ
宝飾時計に属するのか。
グランドSEIKOは国産時計の中でも
最高の技術と長期のメンテナンス、
最長の使用にも耐える。
エコドライブの太陽電池
耐久性はシチズンが優れている。

問題はデザインが頻繁に変わること、
自分の気持ちが変わること、
自分の健康状態や体力が変わること。
もし、これからずっと使う時計を
買うなら今なのか?

物を使い捨てにする人生とは
さよならしたい。
腕時計のこのを考えると
そう思えてくる。