読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

腕時計その後

時計を送った修理店と連絡しました。
全部電池交換して復活したそうです。
ただし、怪しいタンクは とりあえず
様子見をすることになりました。
電池交換をしてすぐに止まってしまったら、
修理かも?
でも修理代が高くなるし、
もしかすると回路や部品がないかも
しれません。
そうなると修理不能。
クオーツというのは、寿命があるのですね。
難しい問題です。

神戸の時計修理屋さんは
昔からの時計店のようで、
突然時計を送りつけたのに
とても親切でした。
送料、代引き手数料も
こちらの負担です。
大きく、手広くやっているところは
送料無料のところもありますが、
オーバーホールメインで
電池交換だけなんて相手にされないかも。

今度何かあったら、この修理屋さんで
お世話になろうかな。 
かなり遠いですが、
ちゃんと面倒をみてくれるお店が 
あるって、なんだかいいですね。
何かあっても安心だし、
腕時計を使い捨てでなく、
大切に使いたいと思えます。
 
もし、眠っている腕時計があったら
宅配でメンテナンスしてもらえます。
新しい発見でした。
町の時計屋さんが減っていることの
裏返しでもあるんですね。
そして安くて流行りの時計を使い捨てに
する風潮もあるし。

深く反省し、いろいろ考える
出来事でした。