読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

黒と白

私は黒の服が好きだ。

黒い服にはどんなアクセサリーも

映える。

しかしここにきて、黒い服はやめようか

と思うことがしばしばある。

それは肌の衰えが一段と強調される

ようになったからだ。

リネンやカシミア、シルクならば 

少しはマシだが、それ以外は鏡で見ると

なんとまぁお婆さんの顔になる。

 

白の服にはレフ板の効果がある。

歳をとるほど綺麗な色を着るべし

とも言う。

 

はからずも本日のNEKKIプラス1に

「白髪デビューの極意」

なる記事が。

月に一度美容院で白髪を染めているが、

半月もすると白髪が目立ち憂鬱になる。

白髪との向き合い方は本当に悩む。

 

もう思い切ってマダム宣言をしてしまおうか。

昔、「有閑マダム」という言葉があった。

今では死語。

現代ではセレブマダム?

そんなお金は無いが、気概だけは

持ってみようか。