読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

占守島の遺骨

オリンピックが華々しく開会し、

夏の甲子園も始まった。

若者が躍動して輝いている。

 

私は今日、ある新聞記事を読んで

ショックを受けた。

占守島の遺骨の記事だった。

ポツダム宣言を受諾したあとの

戦い。

占守島のことはまったく知らなかった。

詳しくはこちらを

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016080601001844.html

 

まだなにも終わっていない。

悲しくて涙が出た。

オリンピックや甲子園で躍動する若者の

姿をテレビで見ながら、

若くして戦争のために命を落とした若者の

写真を見た。

わずか70年ほど前の出来事なのだ。

 

八月は、広島、長崎、そして終戦の日

単なる日本史の出来事のように

なってしまった。

先の戦争を知る世代は少なくなった。

平和で自由で豊かな日本。

それが当たり前のように暮らす私達。

平和で自由で豊かな世の中は

貴重で大切なものであることを

忘れてはいないだろうか?

 

日々の暮らしに追われて、

そんなことは考える余裕はないのかも

しれない。

でも、ほんの一日でも

戦争の犠牲になった人々を

想う日があってもいいのではないか。

この平和で自由で豊かな日本に 

生きていることに感謝して。