読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

甲子園に思う

野球にはあまり興味はないのですが、

かなり気になったので。

今回の夏の甲子園

ある二つのチームを非難する声が

あるのを知って、

はじめ、私は理由がわかりませんでした。

 

その二チームのメンバーには

地元の県の出身者が一人もいなかったの

です。

ほとんど関西出身。

あるチームは、大阪のリトルリーグ出身

の選手ばかりです。

これが人々の反感をかった原因でした。

 

選手たちは純粋に甲子園を目指して

野球に打ち込んでいるのに、

こういう事態になって私は複雑な

思いでした。

大人の世界の論理で、

若者が傷ついているのではないかと、

胸が痛みました。

 

その反面、ほぼオール地元出身者の

北海高校作新学院

決勝戦まで勝ち進んだことは

優れた指導者のもと、

練習を重ねれば強くなれると

証明されたようで、

甲子園を目指すすべての

高校球児に勇気を与えたと

思います。

 

甲子園の決勝戦で敗れた

北海高校の大西投手が、

敗戦後、清々しい笑顔を見せて

くれました。

本当に心が洗われる思いでした。

今井投手も大西投手も 

大きく育って欲しいです。

 

甲子園が終わって、夏も終わりですね。