読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

ファッション通販とスタイリスト

去年?一昨年?忘れましたが、

ニッセンとスタイリスト石田純子さん

のコラボコーディネートが、

年配のミセス向けにありました。

(今はこのコラボはありません。)

 

そして今年、ベルメゾンと大草直子さんの

コラボコーディネートがあります。

若い子は別ですが、

ミセス層には、スタイリスト信仰が

あります。

大草直子さんをはじめ、

ディノスは押田比呂美さん、

エクラは地曳いく子さんなどなど。

ランズエンドも、以前自身の著書で

ランズエンド押しだった

福田栄華さんのコーディネートを

掲載しています。

 

どのスタイリストさんが、どの通販サイトで

どんなコーディネートをしているか?

ミセスもマダムも注目しています。

通販サイトも売り上げを増やすため、

注目を集めるために、

人気スタイリストさんにコーディネートを

してもらい、特集を組んでいます。

 

私もそうですが、世の中の女性は

誰がどんな服を選びコーディネート

しているのか?

に特に興味があります。

メーカー側が提案するものには

あまり興味がありません。

服を選ぶ人のキャラクター、

仕事、生活環境、暮らし方、

それが服選びコーディネートに

反映されます。

 

つまり服を通して、

そのスタイリストさんに近づきたい、

スタイリストさんみたいに

センス良くなりたい。

外見、雰囲気、ああなりたい。

それに加えて価値観に共感する。

ライフスタイルに憧れる。

 

百貨店の婦人服が低迷しているのは

ここに原因があるのではないでしょうか?

メーカーが提案するコーディネートや

セレクトでは、みんな満足しない。

というか、憧れを抱けないのかも

しれません。

(伊勢丹新宿店は別格ですので、

例外かもしれません。)

 

服だけを真似すれば、

スタイリストさんのセンスや

ライフスタイルが手に入るわけでは

ありません。

けれどまずはそこから。 

服を買って着る。

それなら誰でもできるからです。

 

百貨店より、ファッション通販が

好調なわけを私なりに考えてみました。