読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

コート

美容院で読んだ雑誌STORYの

林真理子さんのコラムのお題はコートだった。

 

ケンカ別れした彼の車に忘れてきたのは

安物のコートで、

それを彼が丁寧に包装して

送り帰りしてくれた。

コートが安物だったことを

深く後悔した女友達の話。

 

レストランや劇場でコートを預ける時に、

恥ずかしくないコートを持つべき。

などというお話。

 

コートにも流行があり、毎年トレンドが

変わる。

コクーン、ビッグシルエット、

ガウンタイプ、チェスター、

ダッフルコート、

今年はバイカラーコートや

コーディガンなんていう新顔も。

毎年、シルエットも色も

トレンドがめまぐるしく変わる。

お値段もピンキリ。

 

とっても高価なコートは、

何年も着られるのか?

トレンドが変わり、古臭くなるのか?

ダーマに素敵なコートがたくさんあるが、

セール品は返品不可だし、

定価のものも、着てみないと

感じがわからないので

おいそれと買えない。 

ドゥクラッセもあるが、

なんだかいかにもミセス向け?

ちょっと寂しい。

まぁ、ミセスなんだから

おばちゃん体型の私にあっていて、

軽くて、着やすいのだろう。

私は骨細なので、

コートの似合もの、似合わないもの、

分かれると思う。

 

菊池京子さんは、コートに関しては

トレンドは追ってない気がする。

三尋木奈保さんも同じだ。

 

通勤をしなくなり、いつも車移動。

たまに上京する時のためにロングコートを

買うのもなんだなぁと思ったり。

安物買いの銭失いの私。

セールで買わないようにしなくちゃ。