読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

jammin'Zebのライブとマダム

ライフスタイル その他 私の本音

昨晩はお洒落をしてライブに

出かけました。

場所は半蔵門の東京FMのホール。

 

jammin'Zebはイケメンの男性四人の

グループ。

三人がハーフです。

なので、全員英語が堪能。

歌う曲もほぼ英語の歌。

 

3月1日(水)には、10周年を記念してのニュー・アルバム、
『Your Songs Vol.1』がリリースされまた。
ここに収められた15曲は、
ジャズ・スタンダードやスクリーン・ミュージック、
青春に胸ときめかせるポップ・チューンに、
ミュージカル・ナンバー。

アルバム発売のライブ。

jammin' Zeb『半蔵門 "Your Songs" SESSION
3月2日(木)~3月5日(日)の5公演
(3月4日、土曜は一日二公演)

のうち、3月3日のライブに出かけました。

 

彼らは本当に歌が上手い。

背が高い、二枚目、高学歴。

おまけに超紳士的な好青年。

私は、三年くらい前から、

年に二度くらいはライブに出かけています。

もっと有名になって、

俗に言う、売れてほしいなぁと

思っています。

 

私がjamminのライブに行くのを

楽しみているのは、もう一つ理由が

あります。

それはファンがほとんどマダム。

(本当はもっと若いファンも

増えてほしいのですが)

そのマダムの皆様が、

お洒落、上品、教養があり、と

三拍子揃った方ばかり。

英語が堪能だったり、

音楽の仕事をなさっている方も

いるようです。

私のように田舎暮らしで、外出も少ないと、

このようなハイソサエティ

大勢のマダムにお目にかかることは

ほとんどありません。

この空間がとても心地よいのです。

 

昨晩、隣のお席になったマダムは

背が高く、白のパンツ?デニム?

に薄手の紺色のニット、

襟元は紺地の柄のエルメス

スカーフ。

バックは綺麗な水色のエルメスのエヴリン。

腕時計もエルメス

紺のフェイスにシルバーのベルト。

ボーイズサイズ?

コートは紺色のPコート。

横浜にお住まいなのかしら?

の雰囲気でした。

こういうグレードの高いカジュアルな

装い、田舎ではお目にかかれない。

田舎者の私には到底できない

お洒落です。

 

ハイソなマダムのハートを

掴んで離さないjammin'Zeb

 

今回はアンコールの一曲目のみ、

写真撮影OKでした。

皆様、いっせいにスマホで撮影しまくり。

CDを買うと、ライブ終了後に

四人それぞれとお話しして、

CDにサインをもらい、握手して

いただけます。

若くてイケメンな男性と

握手なんて。

長生きできそうです。

 

そんなこんなで、

マダム気分でライブを楽しみ

帰ってきました。

あぁー、本当のマダムになりたい。