読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

トレンチコートに憧れる

3月になっても寒いです。

春らしく暖かい日は数えるほど。

朝晩寒くってツライ。

日中も風が冷たい。

今月はもう上京することが

ないのですが、

もし、今頃上京することがあると

着るもの、コートに困ります。

 

いくら寒くても3月。

東京はここより朝晩も日中も暖かい。

街行く人も春の装いを取り入れて

います。

ファーのついたコート、

厚手のダウン、

ウールのコートは

なんとなく場違いというか、

もっさり、田舎臭い。

 

こういう時にライナー付きの

トレンチコートがあるとイイなぁと

思うのです。

一枚あるのはあります。

四年くらい前に買った、

ガリャルダガランデのコート。

あんまり着ていません。

車移動が多いとトレンチコートは

ほとんど着ませんし。

 

でも、いざ電車でお出かけ、

しかも東京へとかを考えると、

きちんとしたブランドの

10年は着られる

ライナー付きトレンチコートが

あったらイイなと思えるのです。

 

三陽商会バーバリー

手放してしまったので、

選択肢はアクアスキュータムのみ

になってしまいます。

お値段が高い、15万位。

しかも地元の百貨店じゃ売ってない。

(メンズのみの取り扱い。)

東京へ行かないと買えません。

 

カジュアルならHYKE。

もう少し若かったら、

これにしちゃうのに。

普段のスタイルならHYKEの

方が似合うけど。

たぶんこの方が、

じゃんじゃん着られる。 

でもオシャレしてお出かけする時には、

やっぱりアクアスキュータムクラスの

トレンチコートじゃないと。

 

相変わらず自分の方向性が

定まらないので

トレンチコートも買えやしない。

いろんな情報に流されて、

自分軸での選択ができない。

買いに行くのに交通費もかかる。

でも、こんな高価な買い物、

試着もしないで通販で買うなんて

できない。

トレンチコートは憧れのままだ。