京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

物を捨て、見栄を捨て

物を捨てる生活をはじめて、
そしてこのBlogをはじめて。
捨てたのは物だけじゃない。
見栄も捨てられた。

たとえば腕時計。
以前は働いていたこともあって、
無理をしてでもブランド物の腕時計を
いくつか買っていた。
オメガとかエルメスとか。
雑誌のVERYやSTORYをよく読んで
いた頃だ。
持っているバッグで、その人の
値踏みをしていたし。

今はシチズンのエコドライブの電波時計
ベーシックな物を愛用している。
太陽の光でいつも充電され、
いざ着けようと思った時に電池切れ、
なんて心配もない。
なにより寸分違わず正確。
バッグも、季節感があり、軽くて使いやす
ければそれでいいし。 
身に付ける物は、私にとって心地よく、
便利で、分相応ならそれでいい。

物を捨てて、こうなりたい、こうありたい自分や暮らしが見えてきた。
ささやかな夢や目標もできた。
そしてBlogでも、ええかっこしいはしない。
お小遣いが少ないとか、高い洋服は
買えないとか、
たくさん失敗してきたとか、
正直な自分を出せた。

自分を肯定できると、以前のBlogに書いたが、
本当の自分で堂々と
世の中を歩けるようになった。
今はとっても楽だし、ホッとしたし、晴れ晴れとした気持ちでいる。 
見栄を張らなくていいから。

髪を一つに結び、ミニマムな服で、
軽いバッグを持ち、スニーカーで歩く。
今の自分、好きかもしれない。




広告を非表示にする