読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

ユニクロがピンチ

ユニクロの親会社、
ファーストリテーリングが45%減益と
本日の新聞の見出しにあります。

クロスカンパニーがストライプインターナショナルと社名を変更して驚きました。
です。
アダストリアはグローバルワークやニコアンド
の会社。
この2社は業績が良さそうです。
昨日記事にしたしまむらも好調。
ユニクロ独り負け。

犬と暮らす私はユニクロ派。
家ではほとんどユニクロです。
近所に大型店のguができて
最近よくのぞくようになりました。
なにせ活気がある。
若いママさん、女の子で平日の昼間も
賑わっています。
トレンド満載で価格も安い。
よ〜く探すと、シンプルやシャツや
季節の帽子ストールなど
私にも使えるものがあります。

ユニクロは平日はガラガラ。
週末価格との差が激しいのが
原因でしょう。
機能性下着や服も、
もはやユニクロの独壇場では
ありません。
他社ならもっと安い。

イネス、カリーヌ、ルメールとのコラボ。
私にはうれしい限りです。
これからも続けて欲しいです。
でも、それをそう感じるのは
かなりのおしゃれに関心のある人のみ。
特に地方では

最近始めた?始めるUTを著名人が
セレクトして毎月送る企画。
あれやる意味あるのでしょうか?
あの企画を通した時点で
ユニクロがそうとう迷ってると思います。
そもそもUTはあまり評判が良くない
ような気がしてます。
みんなもっとシンプルで質の良い、
そしてラインの良いTシャツを
望んでいると思うのですが。
 著名人がセレクトしたからって、
それにお金を払う価値を見出せないし、
ユニクロがやる意味無いです。

ユニクロで買い物をすると
アンケートのハガキをよく渡されるけど、
あの回収率はどのくらいなのかな?
役に立ってるの?役に立ててるの?
私だったら、平日に来てくれるお客さんに
アンケートとるけど。
土日にやっても良いけど。
それも幅広い年齢層で。
おしゃれに興味ある人も、
実用本位の人も、
若い人、中年、高齢者、幅広く。
男性にも。

安ければなんでもいいとは思いません。
適正価格、高品質。
そしてシンプル、ベーシック。
トレンドはほどほどに。
その中でコラボもあれば良いのに。
ちょっと虫がよすぎるかな。