読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

陛下のお気持ち

天皇陛下のお気持ちの会見。

緊張してその時を待ちました。

 

常に国民の幸せを祈り、

国民が悲しみや苦しみにうちひしがれて

いる時にはすぐに駆けつけ、

痛みを分かち合い。

常に国民のことを想う日々。

 

死ぬまで天皇であり続けなければならない

さだめ。

しかし、ご自身が追求し続ける

象徴天皇としてのあり方が

年齢的体力的に困難になった事実。

陛下はずっと考えておられたのでは

ないだろうか。

お立場上、発言には制約もあるなか、

今回の会見はとても重大なことで

あると認識している。

 

陛下ご自身が、葬儀は火葬でと希望

を表明され、国民の負担にならぬよう

というここ数年のお気持ち。

そして今回もまた、国民のことを第一に

考えたご発言。

そして、一般の国民と変わらない

家族に対する愛情。

 

私達国民は陛下のお気持ちを

しっかり受け止め、

真剣に考えていかなくてはなりません。