読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

H&Mを見直す。

昨日、久しぶりにH&Mをのぞいて

あれこれ試着してをして、

おばちゃんでもこれなら、

と思わせる服がありました。

H&Mは縫製も素材も悪いし、

デザインも派手でおばちゃんには

無理と、敬遠していましたが、

少し見直しました。

 

痩せてはいないのですが、

薄っぺらい身体の私に、

似合うブラウスなんかがあって、

色出しもすごく良くて。

ボタン付けの甘いのは目をつぶり。

こんな感じです。

 

そういえばかなり前に

H&Mも通販をはじめたと

思い出しました。

田舎の店舗と都会の店舗じゃ

品揃えが違います。

田舎では売ってないものがあります。

普通のラインの商品でもそうですが、

全く田舎では売ってないのは

プレミアムラインのもの。

秋冬物なら、シルク100%カシミア100%

のものなど。

お値段は1万円から1万5000円位。

ベーシックでとてもステキです。

これならおばちゃんでもOK。

 

そしてパーティーライン。

パーティー用の服。

安い、カッコいい、キラキラ。

都会の若い子は、こんなのを着て

気軽なパーティーを楽しんで

いるのですね。

その中でも、おばちゃんでも大丈夫な

服もある。

実は年明けに友人と二人、

ホテルに泊まりライブを見る予定なので、

(年に一度のお楽しみ)

その時に着る服を探してみます。

こういう服って、国内ブランドでは

絶対無い。

 

それにしても、私がイイなぁと

思う服は、すでに色欠け、サイズ欠け。

なぜか大きいサイズから、売り切れて

います。

今の子たちはおおがらなのね。

 

本日の日経に、セレクトショップ

苦戦の記事がありました。

ユナイテッドアローズ3期連続

営業減益と。

そうでしょうね。

ファストファッションなら

セレクトショップの三分の一以下の

値段でおしゃれが叶う。

しかも通販もあり。

田舎には、アローズもナノユニバース

ありませんから。

こんなおばちゃんでも、

通販フル活用ですもの。

 

ファストファッションの是非については

悩むところです。

やはり安さと、おしゃれ度は魅力。

百貨店の服は高いし、

ときめかない。

みーんな同じだもの。

H&Mは躍動感あります。

おしゃれは楽しんでナンボ。

またおしゃれの魔力に取り憑かれそう。

どーしよう。