読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

黒と白

おしゃれ 美容

私は黒の服が好きだ。

黒い服にはどんなアクセサリーも

映える。

しかしここにきて、黒い服はやめようか

と思うことがしばしばある。

それは肌の衰えが一段と強調される

ようになったからだ。

リネンやカシミア、シルクならば 

少しはマシだが、それ以外は鏡で見ると

なんとまぁお婆さんの顔になる。

 

白の服にはレフ板の効果がある。

歳をとるほど綺麗な色を着るべし

とも言う。

 

はからずも本日のNEKKIプラス1に

「白髪デビューの極意」

なる記事が。

月に一度美容院で白髪を染めているが、

半月もすると白髪が目立ち憂鬱になる。

白髪との向き合い方は本当に悩む。

 

もう思い切ってマダム宣言をしてしまおうか。

昔、「有閑マダム」という言葉があった。

今では死語。

現代ではセレブマダム?

そんなお金は無いが、気概だけは

持ってみようか。

 

 

 

なんと対極なことか

私の本音

ポケモンGOで世の中大騒ぎ。

そして歩きスマホの事故やトラブルが

懸念されている。

 

私は昨日の展覧会の余韻に浸っていた。

ほとんど原形を留めない姿の

観音さま。

どんな美しく完璧な観音像より

私の心に残った。

人々は戦火から守るために

土の中に埋めたそうだ。

時には川で洗い、

そして朽ち果てたお姿になった。

それでも人々は、この仏像を

こよなく信仰し、守ってきた。

 

私の本当の望みは、

慎ましく、そして淡々と日常生活を送り、

その中でなにかひとつ信じて守り、

祈りを捧げる対象を持つことだ。

長浜、奥びわ湖の人々の暮らしが

私がもっとも理想とするものなのかも

しれない。

 

世の中の流行は儚いものだ。

すぐに終わり、そして忘れられる。

何百年も千年も守られ、

祈りの対象となった仏像とは

比べ物にもならない。

 

今日の大騒ぎのニュースを見ながら

そんなことを思った。

 

この方のblogに展覧会の詳細が

綴られていました。

http://itifusa.hatenablog.com/entry/2016/07/05/120316

 

長いことその場所でお過ごしだった

仏像の数々。

地元の方々はよくぞ東京芸大

貸し出してくださいました。

そして、どの仏像も驚かれたことでしょう。

ほんの一時でも、居場所を離れ、

遠路東京へと運ばれ、

照明に照らされ、

たくさんの人々にジロジロ見つめられ。

長浜の皆さまに感謝の気持ちと、

仏像の数々に、よくお越しくださいましたと

感謝の気持ち。

おそらく生涯一度きりの出逢いであろう

この記憶を永く留めたいと。

 

何百年も千年も人々の祈りを受け止めて

きた仏像のお姿。

その荘厳さに勝るものなど

ありません。

 

 

 

ミュージアムショップはオススメ

おしゃれ

ミュージアムショップは穴場です。

ステキなアクセサリーが売っています。

今回も東京芸大の卒業生の

作家さんのピアスとブローチを購入。

一点ものです。

お値段も手頃。

 

そしてこれは!という物も。

「すずへんげ」

という錫のブレスレット

柔らかくて変幻自在。

富山県高岡市のものです。

お値段も安い。

そしてインパクトあり。

こういう品物はなかなか普通の

お店にはありません。

なんか得した気分です。

 

 

美術館へ

ライフスタイル

今日はまるまる1日お休みをもらった。

半年振り?

大好きな東京芸大の美術館へ。

「観音の里 祈りと暮らし展II  

びわ湖 長浜のホトケたち」

を見に行った。

 

夢中になり、前のめりになってしまい、

黒枠の中に入ってしまい、

係りの人に注意されてしまった。

これで二度目だ。

恥ずかしかった。

 

近江八幡彦根には行ったことが

あるが、長浜はまだ訪れていない。

ぜひとも行ってみたい。

いといせいこう、みうらじゅんコンビの

ように巡りたい。

いや、井浦新さまにナビゲートされて

巡りたいものだ。

 

平安時代より、里の人々によって

守られてきた仏像。

織田信長比叡山焼き討ち、

浅井氏の滅亡。

戦火に焼かれること度々。

人々は土の中に埋め

水の中に沈め仏像を守った。

 

祈りに包まれた暮らしは

なんともうらやましく。

ある意味憧れの暮らしだ。

 

西洋美術館が世界遺産になって

雨にもかかわらず人が多かった。

でも芸大界隈は落ち着いていて

素敵な雰囲気。

黒田記念館の上島珈琲でひと休み。

 

芸大美術館のミュージアムショップで

目録やら、アクセサリーやらを 買い込んで

満足だ。

帰りにいつも、「ケチケチ贅沢日記」の

muccoさんがバレエ鑑賞に訪れる

東京会館に立ち寄る。

 

美術館は本当にステキだ。

カフェやレストランもある。

環境も良い。

 

白洲正子は長浜の仏像や土地を

こよなく愛したそうだ。

今度は彼女の本を読んでみようと思う。

白洲正子の訪ねたところを旅して

みたいものだ。

 

 

 

 

高価な歯磨き粉を買う

ライフスタイル

昨日は歯の定期検診。

そして本日は最終時間の予約で

虫歯の治療。

本日で虫歯治療は終了しました。

 

昨日の検診では、歯の骨は概ね良好。

歯周病も大丈夫。

ただ下の左右奥歯に磨き残しが

あるとのことでした。

そして本日、虫歯治療のあと、

歯医者さんのチェックが入りました。

やはり下の奥歯は黄色信号。

詰め物と歯の境目がやや虫歯に

なりかけているとのこと。

 

歳をとると虫歯の治療はこたえます。

昔は平気だったのに、

心身ともに負担を感じます。

衛生士さんにいろいろ聞いて

歯磨き粉を変えました。

歯周病用から、フッ素配合の物に。

私の場合、歯周病より虫歯予防に

力を入れるべき。

歯医者さんで売っているジェルの

ものでなくても、フッ素が配合されて

いるものならよいそうです。

 

ドラックストアでエフコートという

高価な歯磨き粉を購入。

詰め物の隙間にも有効と表示されて

いました。

あれこれスイーツを買うことを

考えれば安いものです。

本当に歯は大切。

もう虫歯の治療は極力したくありません。

それでなくても全体の半分の歯は

詰め物や治療してある私。

詰め物の中が痛んだり、

詰め物が欠けたりして、

定期的に歯医者で治療しなくては

なりません。

 

歯を守るには歯磨きをするしか

方法がないそうです。

歯医者さんも衛生士さんも

口を揃えて言いました。

楽して歯を守る方法はないのです。

がっくり。

とにかく歯磨きをがんばろうと

固く心に誓いました、

 

ちゃんと洗濯

ライフスタイル おしゃれ

何年主婦をやってるの?

といわれそうですが。

毎年夏になるとまいにち着ている

白のTシャツ。

すぐに襟ぐりが黄ばんでしまいます。

 

どうせ家で着てるのだからと、

そのまんま。

でもずっと憂鬱でした。

液体の酸素系漂白剤につけても

落ちる物と落ちない物があって。

 

ちゃんとやれよ、一日中家に居るのにさ、

と自分にツッコミを入れて。

ネットで調べました。

まずは中性洗剤であらう。

つまり油汚れを落とす。

そして粉末の酸素系漂白剤と重曹

混ぜて汚れを歯ブラシでおとす。

そしてお湯に浸け置き。

なーるほど。

洗濯職人のお兄さんのブログに

いろんなことが書いてあって参考に

なりました。 

 

お家にいても小綺麗にしていたい。

昨日、あまりの暑さに慌てて

ユニクロでリネン混パンツを

買いました。

Tシャツはユニクロ

ピーマコットンが最高の品質と

あちこちで言われているので、

白を購入。

更年期なのもあって、汗がすごい。

冷房の効いた部屋とそれ以外を

出入りすると汗だく。

わんこの散歩もUVカットのパーカーに

手袋で汗だく。

1日に何回かTシャツを着替えるほど

です。

早く終わらないかなぁ〜更年期。

汗だくでツライわ。

 

でも洗濯方法がわかって、やる気が

出ました。

こんなの早く調べてちゃんとやれよって

感じです。

ワイシャツの襟や袖の汚れも

これで撃退できそう。

 

ちゃんと洗濯します。

 

 

雑誌LEEとスニーカー

おしゃれ

雑誌LEEのターゲットは30代のママさん。

でも8月号はとっても私好みの

コーディネートがたくさん。

買ってしまいました。

やっぱり好きなんです、こういうテイスト。

このテイストで少し年齢を上げた

コーディネートをしたい。

すごくしたいです。

 

そしてわんこの散歩用のスニーカーを

探しに行きましたが。

結局買えず。

わんこの散歩なのであまり高価なものは

もったいなく。

だって、〇〇〇を踏んづける危険も

あったり。

だからといって安いものを買うと

すぐ駄目になってしまう。

 

ナイキの966は素敵だったけど、

¥16,000だし、犬の散歩用には

もったいなくて。

これからまた探します。