読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都のように暮らしたい

日々の暮らし、感じたことを綴ります。京都に住むのが夢。

旅の思い出 その10

黄檗駅から京都市内へ戻るには

中書島駅で乗り換えです。

中書島駅が近づくと主人が

「あれ、八幡市駅がすぐで、

男山ケーブルカーで行けるよ

石清水八幡宮へ」

 

なんですって!!

昨年主人と次男石清水八幡宮

立ち寄るというので

私は御朱印を頼みました。

国宝になった石清水八幡宮

私も是非ともお詣りしたいと、

ずっと思っていたのです。

早く言ってよ〜。

 

中書島駅で急遽行き先を変えて、

八幡市駅へ。

なんでも主人は昨年は雨に降られて、

お詣りと御朱印をいただき、

さっさと退散したので

社殿をゆっくり見てないとのこと。

 

八幡市駅を出てすぐ、

男山ケーブルカーの乗り場です。

片道5分、15分間で登り、降り、

運行されていました。

男山の山頂に、かくも立派な

石清水八幡宮

生きているうちお詣り出来て

感激もひとしお。

 

石清水八幡宮のシンボルは鳩。

これが京阪電車のシンボルマークに

なっているのですね。

降りのケーブルカーの

案内放送で知りました。

京阪電車の鳩、

ずっと不思議に思っていたんです。

謎が解けました。

 

西陣織の御朱印帳と袋。

とっても素敵。

買ってしまいました。

ところが家に帰ってみると、

おなじ御朱印帳があるじゃないですか?

次男に買ってきてもらったの

すっかり忘れていました。

 

思いもかけず、石清水八幡宮

お詣り出来て、

しあわせいっぱい。

 

さてと京都市内へ戻りましょう、と

八幡市駅から中書島駅へ。

そして京都市内へ戻りました。

 

帰りの新幹線まで、少し時間があります。

ちょっと寄り道することに。

続く。